「仄暗き時の果てより」 感想

※ちょっぴりだけグロい画像もあるので本当にそういうの苦手な人は閲覧注意です。

2017-01-16_225304.png

今回プレイしたのはMOONSTONEの仄暗き時の果てより(公式サイトはこちら

わりとなんとな~く買ったゲームだったんですが、ドはまりしてしまいましたね…
MOONSTONEいけるやん!って思わせてくれたゲームです。
これが面白かったので前記事書いた「サクラノモリ†ドリーマーズ」も買っちゃいました。

ジャンルはやはりシナリオゲーですね。
イチャイチャ要素はかなり少なめで全体的にけっこう暗~い雰囲気のゲームです。
グロもそこそこあるので苦手な人には要注意。リョナゲーとかと比べると全然大したことないですが…


発売日 : 2016年12月22日
ジャンル: サスペンスホラーADV
企画・シナリオ: 呉
攻略ヒロイン : 3人
総プレイ時間 : 約14時間
価格 : 7,800円(税抜)




ストーリー


それは、禁断の―

夏。
主人公・御城康一は生まれ故郷の島に帰省する。

港で出迎えてくれる妹。両親が営む民宿。そして町の様子。

全ては、以前と変わりないように見えた。
だが―

島には、"怪物"が出没しているという。
そしてその怪物を討つべく、夜ごと警戒を続ける少女の存在。

真に受けなかった康一だが、ある夜、怪物に襲われ、
危ういところを、刀を持った少女・乾駒子に救われる。

康一は確かに見た。闇から現れた怪物を。
そして、闇の向こうに広がる世界を。
そこは、人間が決して覗いてはいけない―

2017-02-09_225937.png

―禁断の領域だった。





ゾンビパニックホラーに見せかけたクトゥルフホラー


2017-02-07_210027.png

2017-02-07_205952.png

2017-02-10_205904.png

2017-02-07_210304.png


OPまで(体験版部分)はバイオハザードかよってくらいうじゃうじゃゾンビが出てくるので、「これはこういうゲームなんだな、ふんふん…」って思ってたんですけど、進めてみると実はそういうことでもなくて、一番のメインはクトゥルフなんですよね。

クトゥルフが何かっていうと、「クトゥルフ神話などに登場する架空の神性、あるいは宇宙生物」(wikiより)ということで、人類が繁栄する以前に地球を支配していた異形の怪物的なのが出てきたりします。

他にも様々な要素がこのゲームには含まれていて、まとめるとだいたい以下のようなものたち。

ホラー、ゾンビ、クトゥルフ、ループ、タイムリープ、スプラッター

SF成分多めな作品なのでそういうジャンルが好きな人にはけっこう合ってるかもしれませんね。




キャラランク


第3位 真渋 恵里(ましぶ えり) (CV:サトウユキ)

2017-02-07_205713.png

2017-02-07_205758.png

僕の股間の記憶、読み取ってごらん…?



キャラ紹介

探偵。まだ若いが、独立して仕事をしている。
たった二人きりの探偵事務所の所長。バイトの助手は主人公である。
島に住む"遊馬"と名乗る女性から奇妙な依頼を受け、久々に故郷の島に帰ることになった。
サイコメトリーの能力があり、それが探偵業において役に立っている。
が、本人はその能力をあまり使いたがらない。

感想
序盤はサイコメトリー能力使って活躍したし出番も多かったけど、中盤以降はなんとなくフェードアウトしていった印象がありますね。OPまではすごくヒロインしてました。
せっかく特殊な能力持ってるんだからもっと活躍の場は欲しかったですね…
このゲーム、いちゃいちゃパートは少ないんですけど、お姉さんポジションということで包み込んでくれるような優しさを見せてくれたり、年上らしからぬ初心なところとかはよかったなと思います。
ただ、ただね、僕この子の見た目がなんか好きじゃなかったのであまり楽しめきれなかった…
BADENDは「ひえっ…」て感じでびびったので是非見てもらえたらと思います。






第2位 御城 由乃(ごじょう ゆの) (CV:桃山いおん)

2017-02-07_204507.jpg

2017-01-16_231229.png

由乃ちゃんの慎ましやかなお胸、素直に射精です…


キャラ紹介
康一の妹。駒子のクラスメートで、仲良しという間柄。
見た目も言動も少々幼く、良く言えば天真爛漫な女の子。
幼い頃からお兄ちゃん子で、康一が島を出てからは彼の帰省を何よりも心待ちにしている。

感想
終盤まではかなり影が薄かった印象。
最初は意味深発言はちょいちょいするけど、お兄ちゃん好きな普通の妹って印象でしたが、次第にこいつ何者だよ…って感じになっていきました。他ルートではそれが謎のまま終わったのでもやもやしましたね。
この子は一応トゥルールートのヒロイン的なポジションなので、由乃ルート最後はほんとにやばかったです(語彙不足)。
驚愕の事実連発で頭がついていきませんでした。(ロードして2回見た)
由乃ルートを理解するためには周回プレイしたり、他の人の考察とか見た方がいいですねおそらく…
2周目プレイしてみたんですけど、そうすると「あ、こういうところも伏線なのか…!」ってなるのでおすすめです。
それくらい考えさせられるシナリオってすごく久しぶりで、そういう意味ですごく楽しめました。






第1位 乾 駒子(いぬい こまこ) (CV:こたつみやこ)

2017-02-07_205343.png

2017-02-07_205309.png

ポニーテールでシュシュ(髪コキ)



キャラ紹介
島の学校に通う2年生。島に出没する「怪物」と死闘を続けている。康一にとっては命の恩人でもある。
刀を手にしているため無骨な雰囲気があるが、性格はおとなしいタイプ。
口調や態度は年齢不相応なほどに堅いところがある。
夏休みにもかかわらず制服を着ている理由は、校則でそう決められているから。

感想
献身的な駒子ちゃんすこだ…
初登場でいきなり刀持って怪物と戦ってたので、強くてかわいい魅力的なキャラだなあ…と思ったのですが、刀で戦ったのが登場シーンだけ…駒子ちゃんにはもっと戦ってほしかったですね…
ただ日常シーンでの駒子ちゃんは戦闘時の凛としたイメージと違っておどおどしてたり、献身的に尽くしてくれるところがあったりしてめーっちゃかわいかったです。結婚しような。
駒子ルートの話は恵里ルートとほとんど流れは同じなので、そこに関しては特にコメントすることないんですが、BADENDはこちらもよかったです。いい意味での後味の悪さみたいなのがありましたね。
前作「サクラノモリ†ドリーマーズ」の要素も見受けられたのでちょっとうれしかったです。





攻略について

2017-02-07_211211.png

恵里or駒子 → 2人攻略後 由乃ルート

といった感じになっています。最初の2人は大筋は同じなので本当にどちらから攻略してもいいかと思います。
それからこのゲームはBADENDもけっこう多くて(特に序盤)割とよく死ぬのでセーブはこまめにしましょう。
物語途中のBADENDはそこまで見なくても大丈夫ですが、各ヒロイン最後の分岐のBADENDはなかなか見ごたえがあるのでそちらのほうは是非見てください。






総評

名作考察ゲー。多少のグロ大丈夫ならおすすめできる作品です!

前作に引き続いて続きが気になって気になって仕方なくなって一気にプレイしてしまいました。
グロシーンはけっこう「おおぅ…」ってなるときもあったけどそんなめちゃくちゃグロいってわけでもないと思うので、シリアス系好きな人にはほんとにおすすめできる作品となっております。

というか誰かプレイして僕と一緒に考察してください、お願いします。





それでは、最後まで読んでくれてありがとうございました~










↓はクリア後に書いたネタバレ全開のメモ書きみたいなものなのでクリアした人は是非読んでみてください。




由乃ルートが最初ほんとにわからなかったので、他の人の考察見たり周回プレイしたりして自分なりに整理してみました。
間違ってるところあったら教えてください、書いてる内容は僕も正直自信ないです。


基本的には3つの世界線と重ね合わされた世界線(揺らぎの世界線)という構成で説明していきます。


〇A世界線

始まりの世界線。
由乃が「這い寄る混沌」として顕現した唯一の世界線。
康一は流産により生まれなかったため不在。

由乃と杏子は親友になるが、夏祭りの後、杏子はまだ見ぬ運命の相手を追い求め失踪する。
いつも思い悩む杏子を見ていた由乃は彼女の笑顔を見たいと思い、可能性世界を旅することを決意する。
その可能性世界の中では、杏子は運命の相手と出会っていた。その相手はまだ見ぬ由乃の兄・康一だった。
そうして由乃の興味の対象はこの世界に存在しなかった兄へと移っていく。


〇B世界線
康一が認識していた世界線。
康一は流産もなく無事生まれ、妹の由乃は純粋な人間として誕生する。
由乃は7年前に事故死している。
A世界線と同様に近所に引っ越してきた杏子と康一は恋仲になる。

5年前の夏祭りの後、杏子に自身が怪物であることを告白され、康一の中から杏子への愛情は失われてしまう。
愛するが故に康一を喰い尽くしてしまいたいと言う杏子は康一に殺してくれるよう請い、康一の手により殺される。
夏祭りの後の顛末は未来からタイムリープしてきた康一がほぼ経験したため、5年前の康一は事件について断片的な記憶しか持っておらず、自分ではない何者かに杏子が殺されたと認識していた。

駒子、恵里ルートに進んだ場合は、揺らぎの世界線を抜けB世界線に固定されるためA由乃は消滅する。


〇揺らぎの世界線

ゲーム本編はほぼこの世界線。

由乃は可能性世界を巡るうちに、兄妹がそろっている世界での由乃は見た目も内面も自分とは別人であることに気付く。
それは女性の体内に数十万ある卵細胞のうち、まったく同じ1つの卵細胞からA由乃と康一が生まれたためであった。
つまり同じ世界にA由乃と康一は同時に存在し得ない。
由乃は、「私が、私のまま、お兄ちゃんと一緒にいる世界」を探し求めた。そうしてたどり着いた世界。

A世界線とB世界線の要素が重なり合っているが、ほぼB世界線の要素で構成されている。
康一やその周囲の友人や家族はB世界線の認識を持っている。
由乃に関しては事故死したB由乃の居場所にA由乃が割り込んでいる。
周囲は世界が重なり合った瞬間からB由乃が事故死せずにそのまま生きているものと認識していると思われる。

世界が重なる瞬間は由乃トゥルーエピローグ(物語冒頭)の康一が島にやってきた瞬間から。
この瞬間から由乃の自己の認識は「這い寄る混沌」ではなくB由乃に依ったものに変わってしまう。
それは、自身が元は死者であるために、生者である康一への愛が禁忌であると考えている点、康一と杏子が夏祭りの日にセックスしたことを杏子から聞いたと認識している点(実際は杏子の記憶から読み取っている)などからうかがえる。



〇C世界線

由乃トゥルーの世界線。
5年前の夏祭りまではB世界線と同じ。

この世界線でも杏子は康一に自分を殺してくれるよう請い、康一が了承すると怪物であることを告白する前までは自分を愛していたかを問う。
別ルートでは「愛していた。」という答えに納得し死んでいくが、この世界線では康一が自分以外の女を見ていたと疑い、康一を喰い殺してしまう。

これは由乃ルートにおいて、A由乃が杏子と容姿が似ていることに気付き罪悪感を覚えた康一がタイムリープをすることで過去の康一に痕跡を残してしまったため。
杏子は康一が自分にA由乃の面影を見ているように感じてしまった。
揺らぎの世界線では、時の流れが乱れ、世界が不安定な状態になっているため因果の逆転が起こったと思われる。

杏子は康一を喰い殺し記憶を読み取るが、読み取った記憶から疑ったような事実はないことを知り、絶望から自殺してしまう。
(読み取られた記憶はタイムリープして憑依した康一のものではなく5年前の康一のもの?)

康一が喰い殺された後にやってきたA由乃は、杏子の話を聞いてふくらんだまだ見ぬ運命の人への想い、近すぎて触れることも叶わない兄への想いから、兄を取り込み兄の全てを知った杏子を喰らい、自分のものとする。
この時、記憶と一緒に杏子の康一への愛も取り込む。


〇ループする世界


杏子を取り込むことで愛を識った由乃は康一と共に過ごせる世界を自ら作り出すことを考える。
それがA世界線とB世界線を重ね合わせることであり、由乃はB世界線の康一と1週間限りの共存を叶える。
(「這い寄る混沌」の顕現としての由乃でも世界を重ね合わせることは1週間が限界)

以下の通りループする。このループの中で由乃は永遠に康一を愛し続ける。

(C世界線)

・5年前
夏祭りの後、康一は杏子に不実を疑われ喰い殺される。
記憶を読み取り疑った事実がないことを知ると、杏子は絶望して自殺。
A由乃が杏子を取り込み愛を識る。康一と共存できるように世界を重ね合わせることを決意。

・本編開始年
由乃は港へやって来る康一を迎えに行く。
康一がやってきた時点で世界は重ね合わせられ、揺らぎの世界線へ移行する。
このとき、由乃は自らが「這い寄る混沌」であるという認識と杏子を取り込んだという記憶を一時的に失くし、B世界線の由乃として自己を認識する。

(揺らぎの世界線)

重ね合わされた1週間の中で康一と由乃は結ばれる。

康一は2人の未来のために5年前の杏子と決着をつけ、事件の真相を明らかにするためタイムリープをすることを決意。(過去を改変できる以上、過去が確定していないため未来が揺らいでいる)
由乃は康一が戻ってこない可能性を危惧し、タイムリープをしないことを康一に宣言させる。
すると、5年前の事件を報じていたスクラップ記事の内容が「女性の死体」から「男性の死体」へと変化したことから康一のタイムリープを容認する。

そうして康一は何か呼び声のようなものに誘われるように5年前へとタイムリープする。
タイムリープ直前に全てを思い出した由乃の言動から、この呼び声はC世界線の愛を識った由乃のものであると推察できる。

(C世界線)

・5年前
タイムリープをした先で康一は杏子に不実を疑われ喰い殺される。



スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR