スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生命のスペア」 感想

c907623package.jpg


※ネタバレなしの感想です。

今回プレイしたのはあかべぇそふとすりぃの生命のスペア(公式サイトはこちら
原画とシナリオを担当されてる方が「できない私が、くり返す」と同じ方でジャンルも似ているということで、けっこう彷彿とさせられるところがありました。

おわかりだと思いますが、ジャンルとしては泣きゲーに分類されます。
初めてタイトル見たときからこの作品は泣かされるだろうな…とは思ってました。





発売日: 2016年8月26日
ジャンル:大切な人のためのADV
総プレイ時間: 約10時間
攻略ヒロイン:1人(選択肢なし)
価格: 4,800円(税別)



ストーリー

夙川恵璃は、病を患っていた。
原因は未だ不明、治療法も確立していないそれは、
死に至る不治の病―「桜紋病

2016-08-28_140036.png

唯一助かる可能性がある治療法は、心臓の移植のみ。
しかし、適合する心臓が見つかることは奇跡に等しい。
だからこそ、妹の璃亜が、デザイナーベイビーとして作られた。
姉の心臓の、スペアになるために。

2016-08-28_143456.png

難病に侵された姉と、彼女のために生まれた妹。
2人の家族を除いて、その秘密を知っているのは、
恵璃の友人である静峰竜次だけ。

限られた時間と、歪んだ覚悟。
それぞれの気持ちがすれ違う中、迎える結末とは―

2016-08-28_143954.jpg




ヒロイン 夙川 恵璃(しゅくがわ めぐり) (CV:橘まお)

2016-08-28_223232.png

2016-08-28_224059.png

2016-08-28_225321.png


来世の処女膜も予約したから…(壁ドンしながら)


キャラ紹介


難病『桜紋病』を発症したまま、日々を生きる少女。
自称クールビューティーだが、普段の言動からはそう見えない。
自分のために死のうとする妹・璃亜(りあ)を救うことを望んでいる。


感想


発売前からこのゲーム絶対泣くだろうな…って思ってたんですけど、予想通りめっちゃ泣きました。
それが感動したからなのか、悲しいからなのかっていうことを書くとネタバレになるので言えませんが…
このゲームはけっこう評価分かれるところがあるのかなと思います。
というのもミドルプライス作品故なのか知りませんが少し気になる点がいくつかありました。
以下に少しまとめます。

気になった点
・作品名にもなっている「スペア」。ヒロインの恵璃と妹の璃亜のどちらが生き残るのかという問題について、思ってたよりかあっさり解決していたというか、設定が活かしきれてないよう気が少ししました。
・主人公と父親の関係に最後までもやもやが残っていた。父親が物語の後どうしたのか気になりますね。
・主人公とヒロインが特別な関係になるまで、その積み重ねをもっと描写してほしかった。

良かった点
・グラフィックは安定感があって綺麗だし、音楽もよかった。
 特にボーカル曲(霜月はるか)は今の僕だと聴いただけで少しうるっときます。
・ヒロインが発作を起こすシーンが何回かあるんですけど、そのときの鬼気迫る感じがすごかった。
 桜紋病の深刻さ、悲痛さが伝わってきて物語に引き込まれました。声優さんの演技がよかったですね。
・ラストシーン。本作最大の見せ場ですね。とにかく泣きました。
 (あぁ…この手口卑怯すぎるなぁ…)と思いましたね。
 プレイする時はセリフとか飛ばさずにしっかり見ていてほしいです。



総評

荒削りながらも良泣きゲー

説明や描写が不足してるところがどうしても気になるというところがいくつかありました。
これフルプライスでしっかり作ってれば名作になってたんじゃないですかね。

ただ、終わりよければ全て良しじゃないですけど、ほんとにラストシーンがよかったのでそこは見てほしいです。
泣きゲーがやってみたいという方にはオススメできる作品になっています。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

2016-08-29_023834.png



スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。