スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「凍京NECRO」 感想

maxresdefault.jpg


全身感じちゃいます♡(自己紹介)ティーちゃんだよ~~~(。>ω<。)ノ


今回プレイしたのはニトロプラスの「凍京NECRO」(公式サイトはこちら
ネタバレしない程度に紹介と感想を書いていこうと思います。


総プレイ時間:30時間ちょい
ルート:4つ+全ルート攻略後TRUEルート解放





ニトロプラスのゲームってコンシュマーゲームの「シュタインズゲート」しかしたことなかったのですが、評価がかなりいいゲームだったので購入。(ちらっとまどマギとかシュタゲにおわせるところもあって内心、おっ…って思った。)

端的に言うとこのゲームはちょいグロありの燃えゲーってところでしょうか。
(上のOPムービー見てもらえたら、歌で燃えゲーっていうのは確定的に明らか。)
エロはちょいちょい挟んでくるけど短いしあまりそういうところには期待しないようにしましょう。







あらすじ(公式HPより)

──『ネクロマンサー』の時代がやってきた。

2100年以降、世界中に"大氷期"が訪れ、大地を覆う氷は各都市を分断してしまった。
東京は"凍京"と改称された。

2016-03-13_181741.png 2016-03-13_182842.png

限られた資源を巡り頻発する戦争。
戦争の中で死者を操りリビングデッドにするネクロマンサーが現れ、死者を用いた戦術を普及させることになった。
戦後、その多くがアンダーグラウンドへと潜り犯罪行為に手を染めた。


2199年の凍京。

主人公、“臥龍岡早雲”と“牙野原エチカ”は「民間特別生死者追跡者(プライベートスペシャルリビングデッドストーカー)」。
「近接銃術」という特殊な戦闘技能を身につけており、互いにトップクラスの成績をあげている。

ある日の任務中、早雲は激しい戦闘の末に、ひとりの少女と出会う。“宝形イリア”という名前以外の記憶を全て失っている彼女は、謎のネクロマンサー集団に身柄を狙われていた。

硝煙とリビングデッドと犯罪と電脳の凍京。リビングデッド・ストーカーとヒロインの生死をかけた戦いが始まる。

    yandafefaFea - コピー







戦闘シーンについて

キャラクターやリビングデッド達を3Dモデル化して作られた戦闘シーンは直感的に理解しやすく、迫力のあるものに仕上がっています。僕自身は最初は少し違和感もあったけど、慣れたらすげー、かっこえ~って感じでした。

どんなものかは下の動画を見てもらえたらなと思います。










ここらへんでいつも通りキャラランクいきまーーーーーす













第5位 コン・スー

2016-03-13_010611.png

「じ、事件の一部始終は、リアルタイムで……モニタ、してた」

旧秋葉原、超ゲットーの隅で「雪ニルヴァーナ」という店を経営するひきこもり少女。
表向きはジャンクショップの店長だが、情報屋としての裏の顔を持つ。屈指のハッカー。

ドMで時にはS役もこなし、男も女もいけるド変態。
「ちょっと付き合えないかなあ…。(上から目線)」と思ったのでこの順位。

この子のルートは攻略してイチャイチャするというよりかは、この子自身が活躍するルート。
けっこう報われないところがあったり、他ヒロインにイライラするところがあったりと個人的にはあまり楽しめないルートだった。

電脳空間的なところがけっこう出てきて、ロッ○マンエ○ゼ ト○ンスミッション!かよ…って思ったりもした。











第4位 宝形 イリア (ほうぎょう いりあ)

2016-03-13_010140.png

「君は……だれ?」

会話しているだけで人の心を開かせる不思議な魅力をもつ少女。
一部記憶を失っており、ネクロマンサーに身柄を狙われている。
20世紀のオタクカルチャーに造詣が深く、流行遅れの言葉を口にすることもしばしば。

正ヒロインだけど、少しわがままなところが目についてあまり好きになれなかった。
ただ、この子のルートは熱い展開が多くてそこについてはかなり楽しめました。
TRUEルートにつながるルートなので、攻略するなら最後にしましょう。











第3位 阿蘇 霧里 (あそ きりり)

2016-03-13_010507.png

「私は法治都市凍京を守る軍警察の一員です」

軍警察少佐。エチカの幼馴染み。
エチカの良き協力者であり、姉のような存在。優秀な成績を収め若くして少佐の地位にある。

バブみを感じる…
お姉さんキャラだけどプライベートだと少し子供っぽいのって良いですね。

主人公よりエチカが中心となって活躍するルート。
戦闘は熱かったし、まあまあ楽しめたけど、主人公もっと報われてええやろ!ってなったのでしょぼん…って感じでした。












第2位 牙野原 エチカ (きばのはら えちか)

2016-03-13_010051.png

「死体をぶっ殺すの大好きだし♪」

早雲の相棒、凶暴で美しい少女。同じく生死者追跡者で、様々な武器を使いこなす。
感情的で直感を元に行動するなど、早雲とは対照的。レズビアンで可愛い女の子に目がない。

ヒロインというよりは女主人公。
正直主人公より漢気があってかっこいい。
次々と女性キャラ達にレズプレイを仕掛けていく様は圧巻。

チェーンソーやショットガンを使った豪快な戦い方は見てて楽しかった。
主人公との相棒としての絆の深さもよかったです。











第1位 義城 蜜魅 (ぎじょう みつみ)

2016-03-13_010308.png

2016-03-13_010351.png

2016-03-06_161720.png


電話番号?いや、てかLINEやってる?いくつなの?どこ住み?身長は?好きなアニメある?寝るときはパジャマ派?スウェット派?髪きれいだね。シャンプーは何使ってるの?髪嗅いでいい?触っていい?体はどこから洗う派?入浴剤使ってる?一緒にお風呂入らない?てか、合体しない?笑


優秀な生死者追跡者で、早雲たちの商売敵。負けず嫌いで周囲に高圧的な態度をとる。
超実戦剣法「アドバンスド・タイ捨流剣術」の遣い手。超音波振動カタナ・ブレードであらゆる物を切り裂く。


このゲームにおける天使。
高圧的な態度を取っておきながら、簡単に騙されてからかわれたり勝手に色々勘違いして真っ赤になってるところ、天使。

正ヒロイン以外で主人公が好きになるのって蜜魅だけなんですよね。
戦闘センスが高く、主人公と共闘する熱い展開。少ないながらもちゃんとデートシーンがあったりと一番バランスのいいルートに感じました。正直一番楽しめたルート。

戦闘シーンは本当に手に汗握る展開で没入感が半端なかったですね…



~ラストの戦闘シーンでみつみんを応援する僕~

僕(24)「みつみーん!がんばえー!」
僕(24)「あ!?Σ(゚д゚|||)」
僕(24)「みつみんまけちゃう!みみ!みつみんがまけちゃう!」
僕(24)「ほ!?ほほ!?いっけー!みつみーん!!ヽ(≧∀≦)ノ」





はい、ということでね。












総評


人を選ぶゲームかもですがけっこうおすすめできるゲームです。

みつみんルートとTRUEルートへの入りががめちゃくちゃよかったけど、他の個別ルートとかが個人的にはちょっとうーん…って感じではありました。救いのないところがあったりするのがどうもダメで。
あと、文章はもう少し読ませるところがほしかったですね。

ただ、十分やってみる価値はあるゲームです。
一般的な評価もかなり高いので、少しでも気になる人は体験版プレイ動画を公式が上げてるので見てみてはいかがでしょうか。


それでは、最後まで読んでくれてありがとでした~~~








みつみんがかわいすぎて生きるのが辛い…




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。